更年期ニキビの原因

更年期ニキビの原因

更年期にニキビが増えるのは、女性ホルモン分泌が減少し、男性ホルモンの働きが増すことが原因です。

 

更年期とは、40歳前後、女性が閉経を迎える頃。
この時期は卵巣から分泌されていた女性ホルモンが減少してゆくため、結果的に男性ホルモンが多くなってしまうのです。そして、男性ホルモンの働きで皮脂の分泌が増え、それが詰まってニキビになるのです。
また、肌のターンオーバー能力の低下も更年期のニキビの原因の1つ。
年齢を重ねた肌は古い角質と新しい角質の入れ替わりのサイクルが乱れています。そのため、はがれ落ちなかった角質が毛穴に詰まってしまうのです。
ここで注意したいのは、更年期ニキビと思春期ニキビの違いです。更年期ニキビも思春期ニキビも、直接的な原因は女性ホルモンより男性ホルモンが優勢になって皮脂が増えることなのですが、更年期と思春期では肌の状態が決定的に違います。
更年期は肌の水分量が減って乾燥し、再生能力もダウンしています。
思春期のようにプリプリ、モチモチではないのです。皮脂の排出がされにくく、ニキビになった痕がシミになって残りがちです。最悪の場合、でこぼことした痕ができてしまうことがえります。
更年期のニキビには、年齢を重ねた肌に合ったスキンケアをしましょう。