更年期ニキビの対処法

更年期ニキビの対処法

更年期の肌は、「脂っぽいのに乾燥している」という状態になりがちです。

 

水分が不足していると、角質が毛穴に詰まってニキビの原因となります。
肌の正常なターンオーバーのためには、角質に充分な水分が含まれている必要があります。
更年期ニキビができた肌には、適切なスキンケアで肌に水分を補ってあげましょう。

 

潤いを与えて角質を柔らかくすることで、毛穴に詰まった皮脂を排出しやすくする効果もあるのです。
乾燥するからといって乳液やクリームなどの脂分を肌表面に塗るだけでは改善しません。

 

乳液やクリームは肌の水分が失われないようフタをするためのものなので、まずは保湿効果のある化粧水で肌に水分を与えることが大切です。

 

背中など、顔以外の場所にニキビができる場合は、保湿効果のある入浴剤やボディソープ、ボディローションの使用がおすすめ。水を積極的に飲んだり、加湿器で空気の乾燥を防いだりするのも効果があります。更年期ニキビができるからといって、念入りに洗顔しすぎるのは危険です。

 

肌の皮脂を取り去ると、肌を守ろうとして、さらに皮脂が多くなります。更年期ニキビ対策としては、洗顔よりも、とにかく保湿を優先しましょう。
また、更年期ニキビの原因は女性ホルモン量の減少ですから、漢方薬やサプリメントでホルモンバランスを整えることで改善する場合もあるようです。
皮膚科だけでなく、婦人科に相談してみるのも良いでしょう。